menu

ご挨拶

金顯基
ソウル特別市議会 議長

“市民の安全と幸せを
  最優先に考えて参ります。”

尊敬するソウル市民の皆様、
 第11代ソウル特別市議会議長キム·ヒョンギです。

1千万市民の応援と激励の中で、第11代ソウル市議会が開会しました。


前回の選挙で、市民の皆様は新しい時代に向けた願いと均衡の知恵を示し、これは第11代ソウル議政の目標と方向になりました。


それは「再び前に進むソウル」です。


ソウルは大韓民国の首都の品格を備えた老練な都市として、そして新しい変化をリードする若い都市として生まれ変わらなければなりません。


働き口不足、高い住居費と生活費問題で若い世代が追い出されるしかない都市ではなく、より多くの青年が留まりたい都市にならなければなりません。


危機の中で停滞し、時には逆走行した過去から抜け出し、全世界が羨む革新と成長の歴史を書いていかなければなりません。
そして、その成長は必ず持続可能な成長でなければなりません。

このすべての過程の主人は市民です。

皆様の手で構成してくださったソウル市議会が、市民の意思に代わって精一杯働きます。
長年の危機から回復し、より大きな成長の足場を作り、ソウルの主人である市民が再び笑う日を早めます。


そばでいつも見守ってください。


ありがとうございます。